レプロエンタテインメント

レプロオフィシャルファンクラブ一覧


中村蒼

  • INFORMATION
  • PROFILE
  • GOODS
  • PRESENT
  • STAFF BLOG

PRESENT

2017.01.03
メディア出演

2017年2月4日(土)スタート、毎週土曜日23:40〜24:35放送、東海テレビ・フジテレビ系全国ネット、オトナの土ドラ『真昼の悪魔』に出演することが決定しました。

昭和55年に発表された医療ミステリー・遠藤周作の原作『真昼の悪魔』が遂にドラマ化。
見た目は女神のようで、技能も優秀な美人外科医が、悪のスイッチが入ると残虐な事件を巻き起こし悪魔の姿を見せる、究極の心理サスペンスドラマ。


中村蒼は、田中麗奈さん演じる美人外科医・大河内葉子の裏の顔を暴く、物語のキーパーソン・難波聖人を演じます。

大河内葉子は、あらゆる出来事に対して心が動かず、罪悪感もない心の闇を抱えつつ、悪を遂行していく。
そして、その大河内葉子を不可解な存在といち早く気付くのが、難波聖人。
難波は、小説家を目指しているが、芽が出ずに塾講師のバイトを漫然と続けている青年。
小説の知識は深く、好奇心旺盛。
緊急入院した病院で担当医となった葉子に好意を持つが、やがて彼女に対し疑問を持ち始め、病院内で起きる奇怪な事件・トラブルに葉子が関係しているのではと、彼女の悪事を暴こうとしていく……。

普通の青年・難波が、虫垂炎がきっかけで入院した病院で、悪魔の女医・大河内葉子に魅了され、翻弄され、そして次々と信じられないような展開に巻き込まれていきます。
憧れから疑惑、そして絶望から憎悪へと、難波の葉子に対する気持ちは次々と変化し、揺れ動きます。


このドラマは、主人公の女性女医の恐ろしさだけでなく、登場人物それぞれが抱える「心の中の闇」にもスポットを当てます。
誰もが経験する、日常的なストレスや隠し事、後悔、そして欲望。悪魔と対峙した時、人は自身の闇の部分とどう向き合うのか…。
全てのオトナに問いかける現代医療サスペンスは、 衝撃の結末へと転がり進んでいく…。


放送をどうぞお楽しみに!


【中村蒼コメント】
遠藤周作さん原作の作品に出られること、素敵な役者の先輩方と共演できることを大変ありがたく、実際に作品に入るのが本当に楽しみです。
台本を読んでみて、なぜか悪魔的な行為をする葉子に興味が湧いている自分がいて、何故こんなことをするのか、何がきっかけなのか。気が付いたらそのことばかり考えていました。今まで僕が想像していた「悪」というもののイメージが変わったような気がしました。
病院内で起こる様々な不可解な事件。何故そんな事をするのか。全く考えられない感情ですが、意外とそれは純粋な気持ちや素朴な疑問から生まれるものなのかもしれません。
視聴者の皆さんには、僕の演じる難波がそれを紐解いていくので、同じ目線になってこの作品を楽しんでもらえればと思います。


【オトナの土ドラの真昼の悪魔』概要】
《放送日時》2017年2月4日(土)スタート(全8話予定)
毎週土曜日23:40〜24:35放送
東海テレビ・フジテレビ系全国ネット

《企画》横田 誠さん(東海テレビ)

《原作》遠藤周作さん『真昼の悪魔』(新潮文庫刊)

《脚本》香坂隆史さん (火の粉、ドクターX~外科医・大門美知子~、無痛~診える眼~ 他)

《音楽》大間々昂さん ほか(火の粉、地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 他)

《演出》森雅弘さん ほか(火の粉、地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 他)

《協力プロデューサー》市野直親さん(東海テレビ)
千葉行利さん(ケイファクトリー)(僕のヤバい妻、Woman 他)

《プロデュース》遠山圭介さん(東海テレビ)
高橋史典さん(ケイファクトリー)(火の粉、ぼくのいのち 他)
馬場三輝さん(ケイファクトリー)

《出演》田中麗奈さん、中村蒼、
篠原篤さん、鈴木省吾さん、福田ゆみさん、瑛蓮さん、大倉孝二さん、伊武雅刀さん ほか

《制作著作》ケイファクトリー

《制作》東海テレビ

公式サイトはこちら→ http://tokai-tv.com/mahirunoakuma/

詳細はこちら